バストアップには下着のつけ方改善も効果的!?

バストアップには下着のつけ方改善も効果的!?

バストアップにつながる、バストに対して良いという下着のつけ方もあるようです。
今回はこの下着のつけ方をみていきます。

 

 

誤ったつけ方を改善する

 

下着着用の際に、誤った着用方法をしてしまいますと、バストに負担をかけてしまい、小さくしてしまうこともあるようです。
これではバストアップは叶いませんよね。
最初にしっかりと自分が正しい下着の着用方法をしているのかを知ることが、大切です。

 

 

・ブラジャーサイズがマッチせず、バストとブラジャーに隙間がある。

 

ブラジャーとバストとのサイズがミスマッチですと、ブラジャーの存在は無意味です。
小さいのもだめ、大きいのもだめということで、しっかりまずはバストサイズを測ってバストとブラジャーが
マッチするようにしてください。
自分で測定は難しいし、イマイチ分からないといった際には、店舗に出向いて専門の方にお願いしてみてください。

 

・パットを使っている。

 

ついついバストを大きくみせようとパットを入れていたり、パット入りのブラジャーも多く見受けられます。
しかしこれはバストアップにはおすすめできません。
バスとを大きく見せ付けるのではなくきちんとバスト自体が大きくなるように、しっかりここを意識しましょう。

 

 

・ブラジャーの跡がブラジャーを外すと残ってる。

 

ワイヤー入りのブラジャーの際は、どうしても跡が残りがちになる傾向があるようですがかなり跡が残っている際は、
ちょっと締め付けがきつい感じがします。
負担をバストにかけてしまっているという結果なので、ブラジャーをもう一度見直してください。

 

・ストラップ気づいたらずれてしまってる。

 

バストがしっかり固定しておらず、これもブラジャーの着用が無意味になっています。
このストラップのずれを直す自分の行動もストレスになってしまったり、肩こりを引き起こしてしまう状態を作り上げてしまいます。
きつくなりすぎない程度にしっかりと、ストラップも長さを考えて!
ちなみにストラップと肩の間に、指1本が通ってくれる状態が長さとして目安です。

 

・ブラジャーの基本の着用方法

 

若干前かがみの状態になり、肩にストラップをかけてください。
そしてしっかりとブラジャーのカップでバストを包み込んであげます。
ブラジャーのホックをしっかりとめ終えたら、下のほうを押さえつつ手を入れて、バストのワキのほうから出てしまった脂肪を
きちんと上側に上げるようにして、いれてあげてください。
両方のバストが完成したら、体を起こしてあげて、しっかりとストラップの長さ調整をして完成です。
ブラジャーがしっかり着用できたら、体をひねってみたり、腕を動かしてきちんとマッチしているのか確認してみてくださいね。
動いた際に、ブラジャーが動いたり脂肪が出てしまった際には、ちょっとサイズが合っていない状態である可能性が高いので、
ピンとこないさいにはブラジャーを変えてみたり、サイズを再度測定し、自分にマッチするものを再度選んでみてください。

 


このページの先頭へ戻る